正しいスキンケアでほうれい線を防ぎたい

見た目年齢を大きく老けさせるほうれい線は
昨日今日で出来るのではありません。日々、少しずつ蓄積されていく
いろんなストレスとか、疲れ、紫外線とか間違った肌ケアとか、
いろんな要因が重なっていって、頬のたるみが起きてくる。
それがいつしか小鼻の横から口の端へと濃く伸びる大きなしわ、
ほうれい線になってしまう。これが目立つとぐっと老ける。
ほうれい線を出来ないようにするケアは、20代から始めておいても損はない。
むくみとか喫煙、加齢、肌の乾燥もすでに起きているからね。

そもそも頬のたるみが起きてくるのは顔の筋肉とも関係するし、
肌の角質が衰えていることと、加齢から来るターンオーバーの鈍化で、
毛穴が目立つどんよりとしたくすみ色の肌がほうれい線を作る要因になる。
かっさなどを使って軽くマッサージをして、リンパの流れをよくして
頬の新陳代謝をそくしんして、肌細胞のターンオーバーを補ってやるのも重要。

ほうれい線はクリスタルコンプ使っていますね。顔になじませてかっさでマッサージして、
顔の老廃物をリンパで追い出すイメージでやっています。
小顔になった感じがしてすっきりした見た目の印象になります。
肌の乾燥とか紫外線などの光老化などの刺激で肌老化が起きることによって
ほうれい線がきつくなるのを早めてしまうので、普段から、
肌への外部刺激を少なくして、正しいスキンケアでほうれい線を防ぎたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です